読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Lab の アプリ開発部屋

リリースしたアプリの告知とかサポートとか、技術的なお話とか、そんな感じでつぶやきます。


ブラよろ 新ブラよろ 海猿 特攻の島 ムショ医

コンビニどこだ? ガススタどこだ? 駐車場どこだ? ぱるインフォ オフサイド Jドリーム

App Store の検索について

見つけられないアプリは、存在しないのと同じこと

以前、App Store の検索について調べる機会があったのですが、調べてみると様々な情報が錯綜していたので、自分なりに色々と設定を変えつつ試しつつで調査してみました。

ASOって何ですか?

ASOとは、App Store Optimization の略で、AppStore内の検索最適化のことです。

AppStoreの検索一覧の上位に表示するためのテクニックで、いわゆるアプリストア版のSEO対策(検索エンジン最適化)にあたります。

アプリがダウンロードされるには、とにかくユーザに見つけてもらわなければ始まらないわけですが、ASOとは、ユーザに発見してもらうための手法の一つで、マーケティングの一環であると言えます。

f:id:hoshi0523:20141128214833j:plain

ASO山

ASO(検索への対策)ってそんなに大事なの?

ユーザがアプリをダウンロードするには、まずはとにかくユーザがそのアプリを見つける必要があります。ユーザがアプリを見つける方法にはどんなものがあるか考えてみると、こんな感じだと思います。

  • App Store のランキング
  • レビューサイトなどの記事
  • 口コミなど
  • App Store で検索

ユーザ目線で考えると、僕自身がアプリを探す際はこんな感じなのですが、皆さんもそう違わないと思います。ただし開発者目線で考えると、このうち開発者が自力で簡単にどうにかできるものは割と少なく、やれても検索対策くらいか?ということになります。

(ランキングは、金さえあればどうにでもできてしまいますが...)

 

検索からの流入って多いらしいよ

上記の理由から、消去法的に検索対策を行うようにも聞こえますが、どうやらそう単純でもなさそうです。

僕も日頃お世話になっているSearchManさんのスライドなのですが、アプリ探しに検索を利用しているユーザさんって、結構多いみたいです。

何か目的があってアプリを探す場合は、やはり検索を使うため、優良ユーザになってもらえる確率は高く、検索対策は非常に大切であると言えそうです。

 

具体的に何すればいいの?

やること自体はそこまで難しい話ではなく、iTunes Connect にて検索ワードをしかるべき箇所に設定するだけです。しかるべき箇所というのは、以下の2箇所になります。

  • アプリタイトル
  • キーワード入力欄

アプリタイトル

アプリタイトルがやたら長く、説明文っぽくなっているアプリが一定数あると思います。あれは検索にヒットさせるためのテクニックになります「無料で全巻!ブラックジャックによろしくというちょっと長いアプリ名にしたのはこのためでした)。あまりやりすぎるとリジェクト対象になるみたいなのでご注意を。

キーワード

また、キーワードに関しては100文字まで入力可能です(100バイトではなく100文字!)。せっかくなので、制限いっぱいまで入れるのが良いとされています。

説明文はどうかな?

サイトによっては「アプリの説明文」と言っている場合もありますが、これは嘘です「誰もが検索しそうなワードは、アプリの説明文にたくさん含めましょう!」は無意味なので気をつけましょう。

 

実際に検索してみた

これらのワード設定に効果があるのかどうか、実際に検索結果を見てみます。実験に使うのは、先日リリースいたしましたこちらのアプリ。

検索に関わる情報としてはこんな感じ。

  • アプリ名
    • 駐車場どこだ? 地図から簡単にパーキング探し
  • キーワード
    • パーキング, 車, ぱーきんぐ, ちゅうしゃじょう, タイムズ, times, navi, navipark, parking, コイン, リパーク

 

タイトルのワードで検索

まずはタイトルに含まれる「パーキング探し」で検索してみます。

f:id:hoshi0523:20150209153120p:plain

見事にヒットしていますね。問題なさそうです。

キーワードに設定したワードで検索

次は、キーワードに設定したワード「ちゅうしゃじょう」で検索してみます。

f:id:hoshi0523:20150209153121p:plain

こちらもちゃんと機能しているみたいです。

念のため説明文で検索

本当にヒットしないのかどうか、説明文にある「見知らぬ土地」で検索してみます。

f:id:hoshi0523:20150209153122p:plain

うんうん、やはり説明文は検索ワードとしては機能しないみたいです。

こんなワードはどうかな?

タイトルにもキーワードにも説明文にも設定していない「カーナビ」で検索したらどうでしょうか?

f:id:hoshi0523:20150209153123p:plain

あれあれ...ヒットしてますね...なんでやねん。

 

タイトル、キーワード以外にも検索対象ワードがある!

上記の実験により、タイトルやキーワード以外にも、検索対象になる部分があるみたいです。それはどこかというと、info.plist内の Bundle display name です。

駐車場どこだ?では、Bundle display name に「カーナビ」というワードを含めております。

Bundle display name ってなに?

Bundle display name は、iPhoneのホーム画面のアイコン下に表示されるアプリ名を設定する箇所です。こんな感じ↓

f:id:hoshi0523:20150209162955p:plain

この欄に入力したワードは、すべて検索対象ワードとして登録されます!iTunes Connectの入力欄は100文字という制限がありますが、ここを利用することで100文字以上のワードが登録可能になります。

ただ、どう考えても12バイトを超えてしまいます。そうするとちょっと残念な感じになってしまうので、実際にはInfoPlist.stringを利用して、アプリ名はアプリ名でちゃんと定義しましょうね(詳しくは割愛)。

f:id:hoshi0523:20150209162956p:plain

そうすることで、Bundle display name は、アプリ名に影響を与えることなく、ただの検索ワード入力欄として生まれ変わります。

でも文字数制限があるのです

僕「すべての日本語を Bundle display name に入れればいいじゃない!」

と思った時期もありましたが、残念ながら Bundle display name にも文字数制限があります。たしか255バイトだった気がするのですが、うろ覚えです。制限を越えると、iTunes Connect にバイナリをアップロードする際に弾かれます。

 

海外版のキーワードは、日本のStoreでも検索対象

海外版のキーワードは日本のストアでも検索対象になります。例えば、英語でのローカライズを行っていて、そちらに英語のキーワードを登録している場合は、日本版のキーワードにその単語を含めずとも、日本の App Store でもその英単語は検索対象になります。比較的馴染みの深い英語のキーワードであれば、うまく利用すれば効果はありそうです。(フランス語とはどうだろう...)

 

見つけられないアプリは、存在しないのと同じこと

ここまで紹介したようなネタをうまく使うことで、キーワードの入力制限が100文字からグンっと増え、検索でヒットする確率も上がり、ユーザの目に留まる回数も変わってくると思います。

はじめにも述べましたが、見つからないアプリは存在しないものと同じだと思います(あくまで個人的な意見です)。

検索でちゃんとヒットするアプリなら、リリースから時期が経ってしまっていても、しぶとくダウンロードされ続けます。

これからリリースを考えているアプリのスタートダッシュにも、リリースからしばらく経ってしまったアプリのテコ入れにも、検索に関してもうちょっと対策してみてはいかがでしょうか〜。